天然石アクセサリーを丁寧に手作り販売Laviy's Shop

高品質の天然石をリーズナブルにお届けします。

Precious jewelry
プロフィール
受賞作品
オーダー集

手作り天然石アクセサリーのLaviy's Shop
当店のリンクバナーです

スマートフォンはこちらから
ホーム鑑定・鑑別書依頼

鑑定書・鑑別書のご依頼


当店で販売しておりますアクセサリーや
ブログ紹介した天然石をアクセサリーオーダーのお客様で
鑑定書・鑑別書・簡易鑑別書をご希望の際には
実費にて鑑別機関に手配させて頂きます。
(石の種類により必要検査が異なり、
価格が個々に変わって参りますので
お見積もりはお問い合わせ下さい。)

証明書によって記載される項目が異なりますので
必要に応じてお選び頂き、お申し付け下さい。



記載される主な検査・項目内容



鑑定・鑑定書 ダイアモンドに用いるもので、ラウンド・ブリリアンカットやファンシーカットの
天然ダイヤモンドがどのような品質かを各種の計測や検査によって
その石のグレードを調べ鑑定書を作製します。
鑑定書には検査結果が記入され写真が付きます。
ルースの状態でのみ可能。製品の場合は鑑別しか出来ません。

※ダイヤモンドのグレードにつきましては下記の表を参考にして下さい。
鑑別・鑑別書 全ての宝石(ダイヤモンドも含む)を対象に発行されるもので、
宝石を科学的に分析・検査して宝石が天然であるか
合成石・人工・模造石なのかを検査し鑑別書を製作します。
また天然宝石の場合、人為的処理が施されているか等も記載されます。
自然界で生成されたものにはすべて"天然"の接頭語が表示されます。
簡易鑑別・ソーティングメモ 鑑別書の簡易メモのようなもので、検査内容は上記の
鑑定・鑑別と同じです。
記載内容が簡略化されコストが安く上がるため
本物であるかどうかの証明のみ必要の場合や、
業者間での取引に多く用いられています。
ダイアモンドなら重さとグレード、色石の場合は重さと石名と検査結果、
処理の有無が表示されます。それを基に鑑別書に切り替える事が可能です。

※「簡易」と付いていますが「簡単な検査内容」と言う意味ではありませんので、
お間違えのないように。

※ソーティングは裸石での検査が原則のため、金属パーツが付いたままでは
鑑別して頂けない・もしくは口頭鑑別と言う結果になります。




ダイヤモンドのグレーディング



ソーティング(簡易鑑別)の表記説明図


カラー

ダイヤモンド鑑定基準で価値を決める大切な項目「4C」。
特定産地・稀少カラーを除き、一般的に無色に近いほど高価値になります。

「ソーティングつき」「口頭鑑別済み」であれば、
必ず正式なアルファベット、又はカラー名表記がされていますので
「無色に見えるから~」「無色透明」などと言う文面は要注意です。
また、明らかに色合いが無色ではないカラーダイヤモンドには、
カラー判定の別検査が伴う為、口頭鑑別はできません。


∥カラーグレードスケール∥

D・E・FG・H・I・JK・L・MN~RS~Zカラーネーム
無色ほぼ無色僅かな黄色非常に薄い黄色薄い黄色ファンシーイエローなど

上記のように「無色透明」のクラスでもD~Jまで7つに分けられ
素人目からですとM位までは無色に見えてしまいます。
プロに鑑定して頂いていれば色合い等級もハッキリ出ますので
とても重要なポイントです。


クラリティ

ダイヤモンド鑑定基準で価値を決める大切な項目「4C」の1つで
透明度・傷の程度を表す等級です。

「ソーティングつき」「口頭鑑別済み」であれば、
必ず正式なクラス表記がされていますので
「〇〇ぐらいだと思う」や「〇〇に近い」、「〇〇ー1」など
数字まで記載していない物は要注意です。


∥クラリティグレードスケール∥

FL・IFVVS-1・VVS-2VS-1・VS-2SI-1・SI-2I-1・I-2・I-3
無欠点10倍ルーペで内包物の
発見が困難
10倍ルーペで内包物の
発見がやや困難
10倍ルーペで内包物の
発見ができる
肉眼で内包物の
発見ができる

同じIクラスでもI-1では肉眼での内包物確認が困難な場合が殆どですし、
I-3になると工業用ダイヤほど内包物の目立つ物があります。
SIクラスになると婚約指輪などに用いられるようになり、
0,3ct.以上になると相場が跳ね上がります。


カット

こちらもダイヤモンド鑑定基準で価値を決める大切な項目「4C」の1つ。
緻密に計算されたカットは精確なほど、美しい輝き・ファイヤを放ちます。

口頭鑑別によっては表記されない場合が多いですが、ポイントとしては
ブリリアントカットを対象として鑑定される項目ですので、
プリンセスカット、マーキスカット、ローズカット、ペアシェイプカット等
他のカットに関しましては専用の検査がございますので
口頭鑑別では表記されません。
ソーティング(鑑別メモ)でも無表記になります。

ブリリアントカットでは無い物に対し、
「Very Good」や「Excellent」などの表記がある場合は要注意です。

 Excellent  Very Good  Good  Fair  Poor 
最高プロポーションかなり良いプロポーション良いプロポーションやや難ありあまり良くない


・3Excellent(トリプルエクセレント)とは

カットグレードはプロポーションと目視要素の総合評価で決まりますが、
それと併記される仕上げ(フィニッシュ)項目に、ポリッシュ(研磨状態)と
シンメトリー(対称性)があります。
プロポーション・ポリッシュ・シンメトリー、この3項目が全てExcellentの場合
3Excellent(トリプルエクセレント)と呼ばれ、希少性の高い
最高カットのダイヤモンドとして特別評価されます。
(ソーティングの場合は右上に各スタンプが捺印表記されます)

・H&C(ハートアンドキューピット)

H&C(ハートアンドキューピット)は、特殊な装置を使用すると、
テーブル面からはキューピットの矢(アロー)、パビリオン側からは
ハートの模様が見られる現象を指し、主としてプロポーションとシンメトリーの
優れたダイヤモンドに見られるもので、ダイヤモンド価値を高める
特別評価として、3Excellentと同様 サブレポートが付属します。
(ソーティングの場合は右上に各スタンプが捺印表記されます)



鑑定書に記載されるカット評価



カラット

重量表示。
理想的なプロポーションのダイヤモンドの場合、
1ct.=6mmほどの大きさになります。


以上の事柄は、
ダイヤモンドを専門に販売されている
実店舗経営のプロの方に「見分け方」として
教えて頂いた事を参考にまとめました。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス