ベニトアイト(0.38ct)

商品詳細



1906年にアメリカ・カリフォルニア州サン・ベニトで発見された事から
ベニトアイトと名付けられた宝石。
カリフォルニア州のステイツストーン(州宝石)に
指定されています。
世界中で、ここでしか産出されていない
希少価値の高い宝石です。

こちらで紹介しているルースは
ベニトアイトの中でもトップカラーとされる
Violetish Blueの濃厚なカラー。
強い二色性と複屈折率を持ち、
ある角度ではブルーを、ある角度では無色を呈すのが特徴です。
また、ダイヤモンドよりも高い分散率を持っているため、
強い輝きを放ち時折ファイアが見られます。
(色が濃い為、ダイヤモンドほどは目立ちません)

結晶そのものが小さいため、
宝石としてカットされるものは0,3ct.以下が多く、
高品質な大粒石が市場に出てくることは稀です。

残念ながら、この宝石の鉱山は2005年に閉山となり、
大規模な採掘がストップされた為
今後の新たな原石確保が出来ない状態となっています。

 詳細 

宝石名ベニトアイト
産地アメリカ・サンベニト
大きさ4,52mm×4,50mm
重量0,38ct.
エンハンスメントなし


別アングル